Chanel Beauty Talks: Gloss Only

CHANEL BEAUTY TALKS

ルチア ピカとリリー=ローズ デップによる、ビューティ トーク第四章。
官能的でくっきりとした唇、そしてふっくらとした頬、リリー=ローズはシャネルの新しいミューズ。ルージュ ココ グロスのすべてのシェードにトライするくらいメークアップに情熱を持っている彼女。 彼女にとって、メークアップは決して終わることのないゲームなのです。

ÉPISODE 4
GLOSS ONLY*

ルチア ピカとリリー=ローズ デップのビューティ トーク

フィルムを見る

ルチア ピカとリリー=ローズ デップによる、ビューティ トーク第四章。官能的でくっきりとした唇、そしてふっくらとした頬、リリー=ローズはシャネルの新しいミューズ。ルージュ ココ グロスのすべてのシェードにトライするくらいメークアップに情熱を持っている彼女。 彼女にとって、メークアップは決して終わることのないゲームなのです。

LUCIA PICA

ルチア ピカ

シャネル グローバル クリエイティブ メークアップ&カラー デザイナー

シャネル メークアップ クリエイティブ ストゥディオを率いて2年余り、絶えず変化していくアーティストとしての感性で、毎回コレクションをつくり上げます。ルージュ ココ グロスでは、彼女のスタイルの特徴とも言える、色へのこだわりとテクスチャーに精通したセンスを展開。控えめなセンシュアリティの中に、エレガンスを極めます。

KRISTEN STEWART

リリー=ローズ デップ

ポップ プリンセス / 女優

17歳にしてすでに自分の欲しいものが明確なリリー=ローズ デップ。小さいころから2つの大陸と2つのカルチャーの間を行き来し、どんな環境にも適応できる柔軟性を持っています。彼女だけが持っている形容しがたい、アメリカ人女性の自立心と、パリジェンヌの優雅さの組み合わされた魅力。N°5 ローとルージュ ココ グロスのミューズにくわえ、「Planetarium and La Danseuse」で映画デビューも果たしました。

「ナチュラルでいる?大事なのはいつもありのままの大胆な自分でいることよ!」

リリー=ローズ デップ

「このコレクションのインスピレーションの一つは、スカーフェイスに出演していたミシェル ファイファーなの。グロッシーでスマート、それは完璧な方程式だったわ。」

ルチア ピカ

GLOSSY MANTRA

グロスをつけて、自分自身を輝かせる。

READY-TO-GLOW

FOCUS ON

唇からもっとカラフルに!

トップコート グロスを重ねて、深みや発色などあなたの唇に新しいニュアンス作り出して。

LILY-ROSE’S FAVOURITE

グロスを塗るときはリップペンシルがマスト!

「14歳の時、当時の私と同い年のママの写真をみつけたら、リップペンシルでラインを引いていて、上唇がとても素敵だったの。それからずっとリップのカーブをきれいに描くように慎重にラインを引くようになったわ。好きなシェープでラインを引ければ、どんなシェードでも纏うことができるわ。マットなレッドよりも手軽につけられるグロスは特にラインが肝心。リップ メークをもっと楽しんで!」 リリー=ローズ デップ

「14歳の時、当時の私と同い年のママの写真をみつけたら、リップペンシルでラインを引いていて、上唇がとても素敵だったの。それからずっとリップのカーブをきれいに描くように慎重にラインを引くようになったわ。好きなシェープでラインを引ければ、どんなシェードでも纏うことができるわ。マットなレッドよりも手軽につけられるグロスは特にラインが肝心。リップ メークをもっと楽しんで!」 リリー=ローズ デップ


ルチアからのアドバイス

リップペンシルでラインを引く時は、ナチュラルなシェードを使う、それがルチアのおすすめです。リリー=ローズの好きな明るいシェードのルージュ ココ グロスには、ベージュや明るいピーチのリップペンシルがマッチします。

> ル クレイヨン レーヴル #34 ナチュラル
> ルージュ ココ グロス #119 ブルジュワジー

ル クレイヨン レーヴル #34 ナチュラル
ルージュ ココ グロス #119 ブルジュワジー

ルチアからのアドバイス
リップペンシルでラインを引く時は、ナチュラルなシェードを使う、それがルチアのおすすめです。リリー=ローズの好きな明るいシェードのルージュ ココ グロスには、ベージュや明るいピーチのリップペンシルがマッチします。

KEEP IN MIND

リップグロスは、普段着からオート クチュールに変身させるメーク アイテム。

GLOSS AND MATTE

ホット&コールドのミキシング メークアップ。 明るいリップ + マットなメークアップ = 氷の下で燃える炎!